「極端な例」カテゴリーアーカイブ

Posts that have edge-case related tests

1行分しか想定されていない見出しのデザインだと文字がはみ出してしまってあら大変。ものすごく長い日本語のタイトルが付いた記事の表示テストです。複数行になっても問題ないデザインだといいですね。あと前後の記事へのリンクを出力している場合や、パンくずリストを実装している場合なども表示にズレがないか確認しておきましょう。

  • 記事タイトル部分の見出しデザインが崩れていないか、文字が背景からはみ出していたりしないか確認しましょう。
  • previous_post_linkやnext_post_linkなどで前後の記事のタイトルを出力する場合も、レイアウト崩れが発生していないか確認しましょう。
  • その他、ウィジェットやプラグイン等でいろいろな場所に記事タイトルが出力されるケースが多いので併せて確認しましょう。
  • 用途に応じて、PHPのmb_substrmb_strlen関数を使って文字列をトリミングするという手もあります。

    ※その際、データの無害化 (サニタイズ) にも配慮するとより盤石です。

Pneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconiosis

タイトルが長い英単語の時、コンテンツエリアをはみ出すべきではない。

ラテン文字45字で書かれるこの単語は、辞書に記載されている中では最も長い実用的な英単語とされている。

チェックすべき項目:

  • タイトル・コンテンツ・コメント内の改行なしテキストが、レイアウトや機能に悪影響を及ぼしてはなりません。
  • ブラウザのウインドウやタブのタイトルをチェックしてください。
  • プラグインやウィジェットの開発者の方は、このテキストにより何かが崩れたりしていないかチェックしてください。

改行なしテキストにうまく対応するために、以下の CSS プロパティが役立つでしょう。

-ms-word-wrap: break-word;

word-wrap: break-word;